リズムを取り戻せ

Tokyo, Japan

なかなか、リズムが取り戻せずやる気が行ったり来たり。コツコツした物をやろうかと思えば飽き、ガツっとした物をと思ったらすぐに疲れ…。どうにもこうにも調子が戻らず。
ひとまず、今週はそこそこな時間で帰る事を繰り返してリズムを整えながら、気力を戻していこうかと思う。

Tokyo, Japan Tokyo, Japan

ちょっと気分を変えてProviaで撮影。何方かと言えばVelviaが多いだけに、Provia、Astiaももっと使ってXQ1の特徴を生かしたい。

Tokyo, Japan

All shots by FUJIFILM XQ1 with Provia

夕陽が

Japan's Evening
Taken by FUJIFILM XQ1

夕陽の光が車に反射してコントラストが綺麗だったので、パシャりと。

うーん・・・

Tokyo Japan

自分が思っている以上に3月の激務の披露やら、仕事に追われている感覚がここに来ておかしな感じになってきている。頭をリセットする時間が必要だ。

Taken by FUJIFILM XQ1

The photo of FUJIFILM XQ1 -06

Tokyo, Japan

Tokyo, Japan

モノクロらしいモノクロって、なかなか難しい・・・。このクラスのデジカメでは難しい領域なのか?

Tokyo, Japan” class=

Tokyo, Japan

Tokyo, Japan

All Shots taken by FUJIFILM XQ1

X20とXQ1

Tokyo Ginza, Japan

FUJIFILM X20はXQ1にとって年の近い兄貴の様な存在だ。同じ2/3 X-Trans CMOS IIセンサーを内蔵しているという点では、共通項もある。
ただ、目であるレンズは全然違う。F値の始まりこそXQ1が1.8からだけど、実際には開放側を使う事は少なく、ズームさせたらXQ1はたちまち値が上がってしまう。一方X20はF2.0-2.8と明るい。35mmに換算するとX20は圧倒的に余裕がある。
FlickrでX20の写真を見ると、やっぱ違うなぁと感じる事も多い。テクニックの問題もあると思うけど、絵の明るさやディテールの鮮明さを見るとやっぱレンズなのかなぁと思う。カメラにとってレンズは大きなファクターであることはわかるので、X20が求めているポジションとXQ1のポジションでどうしても異なる事は理解出来る。とはいえ、もう一声頑張れば(何を?)、X20ライクな写りをした写真が撮れるのでは?と思ってしまうのもまた事実。Flickrには沢山の写真がアップされているので、X20の写り方が研究出来る(研究と言っても要は沢山作例見てるだけ)。
フィルムシミュレーションとか同じ機能もあるので、こんな写り方が出来るのかな?と思うと、やはり試してみたくもなる。が、なかなかそうは簡単に写してはくれない。そりゃ、当たり前か。

そんな事を試行錯誤しながらXQ1と日々戯れる毎日がまた面白く。

Tokyo Ginza, Japan

Tokyo Ginza, Japan

All shots taken by FUJIFILM XQ1

Manfrotto KLYP Case for iPhone 5を購入

Tokyo, Japan

Tokyo, Japan

怒濤の忙しい年度末をやっと終えて、まだ多少名残はありますが、無事土日休みが取れる事の幸せを感じながら、それまでアレしてみたい、コレしてみたいと思いついた事が出来る時間が出来るようになりました。仕事が嫌いとかはないのですが、リフレッシュは大事ですね。

Tokyo, Japan

で、そんな中、秋葉原ヨドバシに表題の「Manfrotto KLYP Case for iPhone 5」を買いにいきました。iPhone 5用となっていますが、iPhone 5sにもピッタリはまります。

Manfrotto KLYP Case For iPhone 5

この投稿の続きを読む

消費税8%になったけど、AppStoreは…

Tokyo Japan

4/1から消費税が8%になりましたね。1997年4月1日に5%になったので、実に17年ぶりの消費税増税ということになります。正直厳しい物がありますね。そんななか、AppStoreは今のところ金額に変化がありません。税込価格で表示されており、どうも見ていると変化がありません。ということは、実質本体(ソフト)価格が根下がったということになりますね。

これはありがたいことですが、いつまでこの金額が続くのか・・・。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。