Mac mini serverの基本構築 (Server.app 4.0 / 10.10 Yosemite編)

osxserver1010

先日のiPad Air 2が発表されたイベントで一緒にアナウンスされたYosemite。合わせてServer.app 4.0もリリースされ、Mac miniもリニューアルされたのですが、それまであったMac mini serverモデルはラインナップから消えることとなりました。まぁ、サーバモデルと言ったって、Server.appがデフォルトで着いているかどうかの差でしかなかったので、必要な人はAppStoreから買ってくださいという事でしょうか。

当ブログでは過去にLion Server(Server.app 1.0)、Mountain Lion Server(Server.app 2.0)、Mavericks Server(Server.app 3.0)を使う上でのOS Xの基本構築を過去に上げてきましたが、Yosemite版となるServer.app 4.0を使うにあたってのOS X Yosemiteの基本設定をまとめてみました。

ハードウェアとしてはMac miniをサーバにする設定方法になっています。が、XserveやMac Proでもほぼ同様の設定で出来ます。クライアント機として使う設定ではないので、注意して下さい。

Yosemiteを新規でインストールにするときはこちらをご覧ください。

MarvericksからYosemiteへバージョンアップさせていく場合は、まずはOSをアップグレードしてからServer.app 4.0をApp Storeから購入します。OSは無料なのですが、Server.appは残念ながら無料ではありません。また、FCPX等はバージョンアップは無料で行われているのですが、Server.appはそうはなっておらず、そもそもが各バージョン毎買い直しというのが毎回不思議と思わせます (とは言えサーバアプリとしてみたら十分安いのですが) 。

まずは、MavericksからYosemiteへのアップデートを簡単ながらフォローします。

1. Mavericks上のApp StoreからYosemiteをダウンロード
2. そのままダイアログに従ってインストールを進める
3. リモートでアクセスしているとインストール後半からマシンが再起動するまで状況が見えないので、心配する部分もあるかと思いますが、グッと我慢して待ちます。
4. インストールが順調に進んで行くと、ログイン画面が表示されます。
5. Server.app 3.0は起動できないのでApp StoreからServer.app 4.0を購入し起動するとServer.app 3.0から4.0に内容が引き継がれます。

以上で、Yosemiteがお使いの環境にインストールされたかと思います。アップデートの場合でも一部設定が変更されデフォルトに戻る事もあるので、一通りの項目は見直します。

また、ネットワークの設定に関しては基本的な設定が出来ることとします。
では、具体的にOS X Yosemiteの設定を見ていきましょう。

1. リモートデスクトップの機能を有効にする

pic10-10

形はクライアントマシンですが、サーバとして使うので常時モニタを繋げる必要はありません。外部入力モニタを持っていない場合(ノート型しか持っていない、古いiMacを使っているなど)でも設定する方法はあります。

買ってきたばかりのマシンはDHCPが有効になっています。ご自宅の環境が静的IPで使っているなら、一度DHCPにして、サーバ機と同じネットワーク環境下に入れてください。そうすると、同じネットワーク上にサーバ機が見えてきます。画面共有ボタンが出ているので、それをクリックしユーザ名を空欄で、パスワードにシリアル番号を入力するとサーバ機の中が(向こうのデスクトップが)見えます。
その後、必要に応じてMac mini Serverを静的IPで使うならネットワークを設定し、「適用」するとリモートの画面から見えなくなりますが、クライアント機をDHCPから同じセグメント内に戻して再度つなぎ直せば、見えるようになっているかと思います。

設定さえ出来れば、必要な時にリモート越しに覗けばいいだけです。

詳しくはAppleのサポートページ OS X Server:リモートサーバを設定する に詳細が出ているのでご覧下さい。

Apple Remote Desktopを持っていなくても、”リモートマネジメント / 画面共有” を使ってアクセス出来るので心配いりません。
システム環境設定 > 共有 > リモートマネージメント
のチェックボックスをチェックして下さい。
リモートでアクセス出来るユーザも限定しましょう。
「次のユーザのみ」の「+」ボタンから利用出来るユーザを登録します。
ユーザがコントロール出来る内容も制御出来るので、オプションから必要な項目をチェックします。この時、”制御” にチェックを入れないとリモート越しに操作出来なくなりますので、最低限 ”制御” はチェックを入れましょう。
Windows、Linuxからアクセスしたい場合、「コンピュータ設定…」からVNCをチェックしてパスワードを入力ましょう。
同じ共有内にに「画面共有」があります。こちらは、VNCクライアント(ビューワー)を使ってアクセスすることしか出来ません。”リモートマネージメント” にチェックを入れている場合は、”画面共有”は選択出来ません。
クライアント側のMacからアクセスする場合、 Finderメニューの移動 > サーバへ接続… から「vnc://サーバアドレス」と打ち込むとサーバにアクセス出来ます。

これで、モニタレス環境のマシンでもリモート越しに見えるので問題なく作業が出来ます。
HDMI入力が出来るTVをお持ちでしたら、Mac miniの出力をHDMIを通してTVに出すことでモニタ代わりに使うことも可能です。

2. Bluetoothをオフにしよう。

pic10-09

モニタが繋がってないという事は、予期せぬ事が起きても気付きにくい事になります。ソフトウェア的な問題であれば防ぎにくい事もありますが、物理的問題から来るトラブルは未然その可能性を塞いでおけば、つまらないトラブルを減らす事に繋がります。Bluetooth対応のデバイスに反応してしまわない様に、機能を止めましょう。特にマウスに反応すると、知らぬ間に色々ボタンを押される事になってしまいます。

この投稿の続きを読む

The photo of FUJIFILM XQ1 -24

Sumida-ku Tokyo, Japan

ここ最近ずっとバタバタしていて、やっと落ちついてきたこともあり、少し近所を散歩がてら。

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

FUJIFILMはXシリーズの上位機種のファームアップを案内していますね。新しいフィルムシミュレーションが追加されるとか。XQ1は?と言いたくなりますが、その前に直接の上位機種になるX100SもX20もファームアップアナウンスが出ていないのですから、XQ1なんてもっと後。そもそも、出ないかな…(諦め気味)。

Sumida-ku Tokyo, Japan

カメラ設定は、ここ最近と同じ組み合わせで
・A: 絞り優先
・ISO 320
・f5.6
・DR200
・フィルムシミュレーション STD
・ホワイトバランス AUTO (WBシフト R:-3 B:-2)
・カラー +1
・シャープネス 0
・ハイライトトーン +1
・シャドウトーン +1
・ノイズリダクション -2
です。

Sumida-ku Tokyo, Japan

この投稿の続きを読む

動き始めたAppleとIBM -AppleCare for Enterprise-

apple_ibm

applecare_enterpriseIBM MobileFirst for iOS」が7月に突然発表され衝撃的なニュースとして受けいれられたAppleとIBMのパートナーシップのニュースから4ヶ月、今一姿が見えない感じでしたが、少しずつ表に出始めている様です。
それを示す一つが「AppleCare for Enterprise」が遂に提供開始となった様です。
これにより、AppleCare for Enterpriseが何を提供するのか分かってきました。24/7で提供されるサポートがあり、Active Directoryへの統合等多くのエンタープライズが要求する内容をサポートしています。更には、IBM MobileFirst for iOSというタイトルでありながらも、Macまでのサポートをうたっています。

真のエンタープライズはやはり餅屋にやらせた方がいい…いや、AppleがAppleの都合を最大限考えるならコンシューマーに注力する事が一番望ましいと思ったのでしょう。そもそも、コンシューマーライゼーションが激しい現在、あえて単独でエンタープライズを頑張る事に意味を見出せなかったのでしょう。

中途半端にやるなら、巨大なIBMをパートナーにした方が良いというのもわかります。既にPC系をレノボに売却した事も双方的にやりやすいと思わせたのかもしれません。

まだまだ分かりにくい部分が多いのですが、一つはっきりしているのは、このIBMとのパートナーシップ、1コンシューマーユーザーが受ける恩恵は特にないだろうなぁと、笑。でも、こういう形でAppleが広がっていく…PowerPC時代(懐かしい響き)を思い起こしてIBMと協力していくのは、嬉しいですね。

hero_large

The photo of FUJIFILM XQ1 -23

Kinshicho Tokyo, Japan

朝、通勤途中いい感じの天気だったので撮りながら行きました。ホワイトバランスいじって少し設定変えてみましたが、個人的にはちょっと気に入っています。
季節的に空気が澄んできたので、空の写り方がスカッとしてきましたね。この季節ならではです。

Kinshicho Tokyo, Japan

カメラ設定は
・A: 絞り優先
・ISO 320
・f5.6
・DR200
・フィルムシミュレーション STD
・ホワイトバランス AUTO (WBシフト R:-3 B:-2)
・カラー +1
・シャープネス 0
・ハイライトトーン +1
・シャドウトーン +1
・ノイズリダクション -2
です。

Kinshicho Tokyo, Japan

Kinshicho Tokyo, Japan

Kinshicho Tokyo, Japan

Kinshicho Tokyo, Japan

Kinshicho Tokyo, Japan

Taken by FUJIFILM XQ1

The photo of FUJIFILM XQ1 -22

Kinshichou Tokyo, Japan

久々XQ1で撮影した写真の投稿。なんだかんだ最近バタバタで、この写真も移動中の中隙を見つけてパチャパチャ撮った感じ。もう少し時間かけてちょこちょこと撮りたいところ。

Kinshichou Tokyo, Japan

Kinshichou Tokyo, Japan

この投稿の続きを読む

iMac Retina 5KとFCPXとHDの表示領域がハンパない

HD full size view in FCPX on iMac Retina 5K

その表示能力に目が行くiMac Retina 5Kですが、つい4K/5Kに目が行きがちですが、スタンダードなHD(このiMacにおいては何がスタンダードなのかわかりにくくなるくらい解像度がデカいですが)とのサイズ比がとんでもない事に気がつきました。それを実感するのが、Final Cut Pro Xでの作業です。MacBookPro Retinaや、iMacでは画面の解像度が大きいとはいえ、HDの作業をするには、ある程度縮小表示するしかありませんでした。ですが、iMac Retina 5Kであれば、HDを100%フルサイズ表示しても、タイムラインやライブラリ、パラメータ等の表示領域に全然余裕がある事がわかります。上記写真がその状態で、HDを100%表示してもこんなに余裕があります。

単純なサイズ比がどれくらいかを示したのが下記の図です。

iMac_5k_HD

なんだかんだ言ってまだまだ、HDが世間的にもスタンダードなサイズです。常にHDフルサイズを表示しながら編集作業ができることを考えたら、このiMac Retina 5Kの作業レスポンスは半端ないのでは無いでしょうか?

iMovie 10.0.6でProRes書き出し

imove_prores

OS X Yosemite対応のiMovie10.0.6からProRes書き出しに対応した、iMovie。
iMovieがProRes対応するとは正直予想外でした。ProResはFCPXだったんじゃないの?と。確かに、どうもベースとなるエンジンはiMovieもFCPXも共通っぽいとは思っていたけど…。
そこで、少し時間が経ちましたが、iMovieのProResについて確認してみました。

その前にProResっ何?って方に。
ProResは名前の通りAppleがプロ向けに作ったQuickTimeのコーデックです。適度に圧縮かけていながら、CPUに大きな負担をかけずに非常に絵が綺麗なのが特徴です。コーデックと言うとH.264が有名ですが、ProResの方が全然綺麗です(その代わりHDDの容量を喰います)。
ProResには、幾つかファミリーがあり、詳細はこちらのAppleのページをご覧下さい。
また、英語ですが、ドキュメントも用意されています。

この投稿の続きを読む

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。