Apple Watchに何を思うか

Apple Watch

いよいよ発売が目前に迫ってきたApple Watch。各所でレビュー等出始めていますね。そんな中4月10日予約開始になり世間にお披露目されたApple Watch。予約方法がAppleはオンライン限定になるといわれる中、朝9時から試着可能という事で、Apple Store 銀座に行ってきました。
そこで一通り触った後に、Apple Watch in Isetan Shinjyukuへ。今回初めてオープンする百貨店の中に出来るApple Watch専門店。世界的にも3店しかないとか。

Apple Watch

試着したり、ディスプレイで見ていると色々な人が色々な感想を言っています。ポジティブな声、ネガティヴな声色々ありますね。
触ってみて、着けてみると色々な感想が出て来ました。

思っていたよりも軽くてフィット感がいい。試着したのは、Apple Watch SportとApple Watch。
もっと違和感ある感じだと思っていたのですが、全然そんなことなく手にフィットします。この辺の着け心地はさすがApple。

Apple Watch

Apple Watchは、特殊なガジェットにも関わらず世間の関心を集め、多くの人が予約に走っていますが、必須デバイスか?と言われるとそんなことは無いんじゃないかと思っています。
なにしろiPhone持っていないと、真の実力が発揮されないくらいですから。

この投稿の続きを読む

Final Cut Pro X 10.2 関連資料

fcpx102_2
今朝アップデートされたFinal Cut Pro X 10.2ですが、それにまつわるドキュメント状況をまとめました。

PDFはリリースされていません。かわりにiBooks対応のドキュメントがリリースされていますが英語版で米国iBooks Storeのみの扱いのようで日本ではダウンロード出来ません。何故だ…。
オンラインマニュアルは日本語版が用意されています。
Final Cut Pro X オンラインマニュアル
Motion オンラインマニュアル
Compressor オンラインマニュアル

関連資料のProResホワイトペーパーなどのPDFも特に新しくアップデートはされていません。
Apple ProRes White Paper
RED Workflows with Final Cut Pro X
Transition to Compressor 4.1 White Paper
Final Cut Pro X Media Management White Paper
日本語ドキュメントも公開されていますが、アップデートはありません。
Final Cut Pro X のライブラリを 使用したメディアの管理

オンラインヘルプが、アップデートと共に最新版になっていますが、米国で配布されているiBooks Storeの日本語版が日本でも配布されてほしいところです。

Final Cut Pro X 10.2登場!Motionに、Compressorも。

おはようございます。
米国ではNAB 2015 (National Association of Broadcasters / 米国ラスベガスで開催される国際放送機器展) が始まりましたね。
そのタイミングに合わせてでしょう、Appleは出展はもうしていませんが、Final Cut Pro Xをしっかりアップデートしてきました。
しかも、マイナーアップデートの10.1.5(昨日までは10.1.4)ではなく、10.2(!)です。

パッと見、アイコンがYosemiteデザインに進化していますが、詳細は内容は下段をごらん下さい。
Motionと連動する感じでタイトル、エフェクト系の更新という感じですが、パフォーマンス面でも改善していることが書いてあります。
今までは、Marvericksもアップデート対象でしたが、今回からYosemite10.10.2以降が必須のようですね。

また、合わせてAppleのFCPXのWEBページも更新されています。
まだ、米国のみですが、そのうち日本のサイトもアップデートされるでしょう。新しい事例は出ていませんでした。

しっかり進化していますね、FCPX。
アップデートはMac App Storeから行います。

fcp102

Apple Watch 銀座の現在は(2015.04.10 am8)

Apple Watch pre order start day in Apple Store Ginza.

いよいよ本日より予約が始まるApple Watch。Apple Store以外にもソフトバンクやヨドバシカメラ、ビックカメラなど幾つかの店舗でも取り扱う事が発表されましたが、ここはやはりApple Storeでの購入体験も含めてApple Watchを楽しみたいなと。
で、Apple Store 銀座へ。iPhone 6の時、銀座は散々嫌な思いをしたけど、結局今回も銀座へ。

Apple Watch pre order start day in Apple Store Ginza.

前日の状況も見ておこうと行きましたが、予約列は無く。さすがに、試着では、前日から並ばないということでしょうか。どうやら、店舗予約は取らずに完全にオンラインのみのようですね。Twitterを見ていても、並ぶ事に騒いでいる感じも無いので、意外とみんな様子見か?なんて思ったり。始発も見送り、7:45着でStore 銀座に到着。列が無い…。が、お店の人は出ていて、試着の為の予約を取っていると。お店の人と話すと以下の説明がありました。
・時間指定は出来ない。
・EDITIONの人は、30分刻みで予約が出来るみたい。
・一人二つくらいは試着可能。サイズは別。
・バンドがおそらく試着ポイントになる。
・予約には氏名とメアドが必要。

以上でした。時間指定は出来ないから9時にお店に来て下さいという事でした。直前で、Angela Ahrendtsメモが流出しましたが、どうやら、今回はやはり「列」に対する対策は使命として大きい様ですね。供給量の問題と列とのバランスもあるのかもしれませんが。
今日は初日だったので、上記店頭で試着予約方式でしたが、この後はオンラインでの試着予約も可能になるんじゃないかな?なんて思ったり。

Apple Watch pre order start day in Apple Store Ginza.

おそらく製品説明を受けているStoreのスタッフさん達

Apple Watch pre order start day in Apple Store Ginza.

The photo of FUJIFILM XQ1 -32

Ginza Tokyo, Japan

全然天気が安定してくれません。困ったものです。気温も安定せず、服装に悩みますね。

色々、詰まっていた仕事が少し落ち着き始め、写真を撮る余裕が気持ち的に出来てきました。久々モノクロで銀材の夜を。ちょっと用事があったので、そこに行きがてら撮り歩きました。

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

相変わらずのXQ1、飽きが来ません。恐ろしいコンデジです。
でも、X100Tが少し気になり始めてもいます。やっぱファインダーいいなぁと思うのと、センサーがAPS-Cと大きいこともあって、レンズも大きく明るく撮れるんだろうなぁと。
XQ1もコンデジにしては、2/3センサーで大きい方なんですけどね。最近は1インチが主流な感じもありますが。

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

All shots taken by FUJIFILM XQ1

The photo of FUJIFILM XQ1 -31

Ginza Tokyo, Japan

やっと少し気持ちに余裕が出来て、朝のリズムを整え直すことが出来てきたこともあり、久々朝少し寄り道してパシャパシャと。
相変わらずXQ1です。
休みの日に少しどこかに足を伸ばして撮りたいところですが、どうも今週末は天気が良くないとか…せっかくの久々の休日なのに…。

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

やっと暖かくなってきて、朝早くても指が動かない何て事を気にせずに撮れる季節になってきましたね。暑くもない今がちょうどいい時期ですね。

Ginza Tokyo, Japan

Ginza Tokyo, Japan

この投稿の続きを読む

ResearchKitと綱島(横浜市)テクニカル・ディベロップメント・センター

researchkit_top_jp

先日、Apple WATCH等と共に発表されたResearchKit。日本では、厚生労働省の厳しさもあって、そんなに簡単に使える話では無いと思っていました(実際その通りなのだが)。それもあって、イベント後即日で公開されたResearchKitの紹介ページは日本語化される事はないと思っていました。所が、先日ResearchKit日本語サイトが開設され、日本語化サイトどころでもなく、中のムービーまで綺麗に翻訳が表示されている。
これは思ってた以上にAppleの方にResearchKitを広めたいという考えがあるのだろう。

時を前後してより具体的に発表された、綱島(横浜市)のテクニカル・ディベロップメント・センター。ここがResearchKitを日本で広めていくのに何かしらの重要な役割を果たすのでは無いかと考えられる(iPhoneやMacなどの部品調達、開発としての場になる事も当然あると思うが)。というのも、そもそも、この場所を最初に世に広めたのは、安倍首相だ。なぜ、あの時安倍首相が、Appleが横浜に建てることを知っていたのか?まぁ、Appleがそこそこ大きい研究現場を日本に立てるというのは、それだけ大きな意味があるのかもしれないけど、ただ事業部書を増やすだけで政治家(それも首相)まで根回しが必要?それを考えると、医療系分野ではない海外メーカーが参入しようとした時の、障壁等のリサーチを始めていて、日本の医療事情を考慮した話があったのではないか?それが横浜に建設だったのではないか?と考えられるのだが、考えすぎだろうか?

日本で契約したiPhoneの殆どがResearchKitと連動したアプリを使うことは当面難しいと思うが、Appleは並々ならぬ本気を伺わせている様に見える。

tsunashima_apple

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。