買いました、iPhone 4S。

少し遅いレビューですが、実は発売前日の日が暮れた頃より銀座Apple Storeに並び買いました。機種変で買ったので、Softbankのままです。
白の64GBです。iPhone 4は、32GBだったのですが、カメラが8Mになった事、ムービーがフルHDになった事で、容量をどんどん埋めていくだろうと思ったためです。
音楽は特に入れていないので、音楽が圧迫する事は無いのですが…。
iPhone 4は黒だったので、白にしました。黒の方が締まっているかなと思ったのですが、なんとなく今回は白かなぁと。Apple的にも白押しなのかなと。色で悩んでいる人がいたら、こんな理由で決めました。まだ使い始めて数日ですが、白もいいですね。

iPhone 4S

さて、そのiPhone 4S。iOS 5から、PCフリーで認証が出来る様になったという事もあって、箱を取り出してからの流れが今までと違いました。今までだったら、iTunesに繋いで、アクティベーションして前の設定引き継いでという流れだったけど、今回はSIMカードを本体にさして、iTunesに接続しないで3GもしくはWi-Fiからアクティベーションを進めるだけ。
連絡帳、カレンダーは、自前でCalDAV、CardDAVサーバを運用しているので、iPhone 4から引き継ぐというよりも、サーバを設定するだけ。やっぱ、サーバにあると楽ですね。iCloudが出たのでこれからの人も、今後はこういった引き継ぎは楽になっていく事でしょう。アプリケーションは、既にApp Storeが、iCloudリリースに先行して提供していた”購入済みアプリ”のリストからダウンロード出来るため、そこから落とせば設定が完了する事になる。ただし、アプリの量が多かったので、いちいち、App Storeからダウンロードするのは面倒だと感じ、iTunesに接続して落としました。
iCloudも初回起動の時に設定を簡単に出来る。設定しないという選択もある様だけど、設定しました。使えるしね。
唯一ブックマークどうするかなってって事で、iCloudを経由して流し込みました。
3G回線でsbwifi.jpにアクセスして、”@i.softbank.jp”のアドレス設定と、ソフトバンク Wi-Fi スポットのプロファイルをインストールします。これで街角で0001softbankのサービスも利用出来ます。

どこがiPhone 4Sで変わったかは、各所で紹介されていますし、Appleにも簡単な比較がありますので、その一つ一つをここでは取り上げません。iPhone 4Sにしかない機能のSiri。既にあちこちで話題になっていますが、自分の発音さえしっかりしていればちゃんと反応してくれます。パターンで返事しているという感じもあまりありません。多少返事に時間がかかる時もありますが、十分使えます。ただ、残念なのは、場所の検索が日本では一切出来ない事。Google Mapの英語情報を元に引いてきてくれる事を期待していたのですが、日本の場所に関する情報は持ち得ていない様です。残念。天気、気温は教えてくれますよ。
2012年には日本語にも対応してくれる様なので、今対応している英語、フランス語、ドイツ語の中からだと当面は英語で使う事になるかと思いますが、いずれiPhoneに一人で話しかける姿をあちこちで見る事になるのかもしれません。楽しみですね。

4Sというネーミングだけに、無印の4からの進化版ですが、同様のケースでいうと3Gから3GSがありますが、あの時の様な大きな変化は感じません。変化の具合を今振り返ると以下の様な感じです。
3G > 3GS ハードの進化を直に感じる物でした。
3GS > 4 OSもさることながら、まだハードの進化が大きかったです。
4 > 4S ハードよりも、OSの変化を感じる出来でした。
4と4Sのベンチマーク等とれば明確な差は見えてきますが、使用感などの評価は正直難しいです。何故なら、4自体がスピードもあり、特に不満が無いからです。細かい部分(カメラの出来とか)では、4Sの方がやはりクオリティは高いです。しかし、それ以上を感じようとすると、むしろiOSがバージョンアップした事の差の方を感じます。だからといって4Sが悪いというわけではありません。Siriが4Sでしか使えない様に、進化の具合が今後はソフトとハードの両面に差として出てくるのかなと言う気がします。

つまりiPhoneは、無印4にてひとまず一定の完成度に達した様にさえ思えるのです。
4 > 3GSは、3GSも速かったですが、やはり差を感じると言うのが本音でした。4を使うと3GSは、あくまで一時しのぎ的に使うという感じです。
4S > 4は、まだ短い時間ながらも、4に戻れないとは感じません。
それだけ、無印4は体感としての完成度の高さを実感しました。

では、ここからの4Sには、何を期待していくか。
・カメラのクオリティ
確かにiPhone 4よりは、明るく撮れてぱっと見の綺麗さはある。暗いところでも、大分ノイズは低減されています。
・14.4 Mbit/s HSDPA
回線の状況に左右されるものの、まだまだ速度はモバイルデバイスでは重要な課題です。14.4 Mbit/s HSDPAのパフォーマンスを体感出来るのはかなりの好条件という状況ではあるものの、今後電波状況は改善されていくと仮定するならば、14.4 Mbit/s HSDPAである事は重要な意味を持って来るでしょう。
・Siri
来年の日本語対応がなされた時には、大きな意味がなされて来るでしょう。今はまだ日本ではその実力を発揮出来ていません。
・A5チップ
ゲーム等をやらないとそのパフォーマンスを実感する事は少ないかもしれません。確かに速くはなっているという実感はあります。ただし、3Gから3GSの様な感じではありません。

というかんじです。
総じてみると、無印4の人が4Sに行くメリットは?と聞かれたら、カメラとSiriがわかりやすい理由だと思います。そこを欲しいと思うか、思わないか。3G/3GSユーザなら確実に機種変を進めます。

以上が、まだ数日だが4Sに対する僕の感想です。
誤解をして欲しく無いのは、4Sに魅力が無いとは思っていません。僕自身機種変した事に後悔していません。4Sは間違いなく素晴らしい。ただし、すぐにその実力を実感するような感じではないという事です。ジワリジワリと4Sならではというのを感じると思います。それだけ、日常のあらゆるシーンにiPhoneが入り込んでおり、その時々でどのように反応し、それに応えてくれるか(またはもたつくか)は、使い倒していかない限り実感としてわからないからです。携帯電話は人それぞれ使い方が異なります。使う場所やシーン等々様々でしょう。
1週間後、もしくは1ヶ月後になるのでしょうか、はっきりとはわかりませんが、どこかでiPhone 4Sでないとダメだと実感する瞬間が訪れると信じているし、その時を心待ちにしています。

Ginza

Apple Store Ginza

Ginza Apple Store
朝、並んでいるときに配られました。夜にはポテトチップスも頂いています。

Ginza Apple Store
「いろはす」も頂きました。この後、さらに2本配りにきました。

Ginza Apple Store
なんとスタバのコヒーも頂きました。

Ginza Apple Store
コーヒーを注いでいるAppleStoreスタッフの皆さん。開店まで後わずかな時間に楽しみをもたらしてくれます。

Ginza Apple Store

Ginza Apple Store

Apple Store Ginza
とにかく忙しそうでした。Softbankもauもセンター色々ありましたからね。

iPhone 4S

iPhone 4S
箱の中身の一覧。

iPhone 4S

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中