IPhone、iPadの画面の明るさどうしてますか?

iPhone、iPadの電池の消費スピードを左右する一つがディスプレイの明るさなのはご存知の通りですね。よくTipsとして紹介されていますね。とはいえ、どれくらいの明るさにしているの?というのはあると思います。個人によって明るさの感じ方も違うと思うので、あくまでも主観的な側面があると思いますが、iPhone5、iPad(3)の自分の明るさは下記です。

Untitled
IPhone 5のディスプレイの明るさ

Untitled
iPad(3rd Gen)のディスプレイの明るさ

暗すぎですか?明るすぎですか?
iPhoneは一回の充電で長時間使い続けたい事もあり、少し暗めにして電池の持ちを持続する様にしています。一方iPadもiPhone程ではありませんが、色々作業することもあり、半分以下の暗さにしています。iPhoneと違って、ディスプレイが大きい分、少し明るめにしてディスプレイ隅まで見やすくしています。また、電池もiPhone以上に持つしというのもあります。
自動調節はオフにしています。というのも、これもまたバッテリーを考えてなのですが、自動調節をオンにしているとそれだけでバッテリーの消費につながるからです(センサーが常に外界の明るさを検知しているためです)。

外出していて電池の持ちが危なくてどうしても持たせたい時は、一番弱い状態まで落とすと、結構持ちこたえてくれます。

あまり細かい事気にせず、明るくしてちょいちょい充電してという方法もありますが、出来るだけ電池の持ちを悪くしたくないので、あまり頻繁に充電はしたくないという事もあり、コントロールしています。
みなさんはディスプレイの明るさどうしていますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中