Final Cut Pro X 最新事例 -Xtrem Productions-

FCPX未だiOS 7、iPhone 5s / 5cの熱がAppleとその周りで冷める事が無い中、Final Cut Pro X (以下FCPX) の新しい事例が公開されています。

それがXtrem Productions Fast Turns at Le Mansです。

24時間耐久レースで有名なル・マンを送るフランスのプロダクションXtrem Productionsの事例です。事例を見る限り規模は大きくないプロダクションのようですね。この事例ではFCPXのプロジェクトを複数人で共有して作業する事に触れています。その共有方法はXMLファイルを使う方法だと説明していますね。これは僕も同じことを考えていました。プロジェクトファイルがないから共有が…という事に対する答えとしてXMLファイルを使えばいいじゃなかと。素材はこの事例ではMedia Serverにあるようでそこを参照しているのでしょうか。このMedia Serverとは一般的なファイルサーバでそのボリュームを共有しているのか?(だとしたら転送レートどれくらい??)、Xsanで共有するか、もしくは素材をダウンロードしてローカルないしは外付けに置くかをしていると思われます。そんなに突拍子もない技で繋いでるとは考えにくいのですが、ケーススタディとして気になります。

翻訳版はまだ出てきていませんが、今まで遅れて日本サイトでも翻訳されて出てきていたので、いずれ紹介されると思いたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中