動画製作用に外付けHDDを購入

desktop-hdd先日Vimeoで公開した動画「Marunouchi,Tokyo shoot by iPhone 5s and edit by FCPX.」を作る時に、内臓のストレージはもうほとんど余裕がなかったため、外付けHDDを買いました。僕が使っているMacはiMac 2009(Early)。今なら迷わずThunderboltですが、残念ながら着いていません(当時はまだ影も無かった)。I/Fは、FireWire 800になります。今となっては若干心もとないなと思いながらも、他の選択肢はないので、それで探します。
ちなみに大体この手の製品で言うと理論値と測定値は異なるという事です。コンピュータ業界では当たり前の様な話ですね(それがいいかは別問題として)。色々ボトルネックがあるから仕方ないとしても、少しでもスペックのいいものを組み合わせればいくらか理論値に近づけることが出来るのでは?と思いました。

そこで、検討したのが

1. SSD + 2.5インチ外付けケース
FireWire 800の限界速度を見せてくれそう。でも、SSDがまだ高い。買えて256GB。もうちょっと容量が欲しい…ProRes素材を使うとなると、容量が少ないのは厳しい。更に作り終えた素材を置いておくことを考えると、すぐに容量が無くなる。作業用と割り切るならこれと別で保存用ディスクが必要。つまりコストパフォーマンスは悪いし、そもそもが費用負担が大きい。

2. Desktop SSHD + 3.5インチ外付けケース
Seagateが出しているハイブリッドHDDのデスクトップ向け最新モデル、Desktop SSHDにすると容量はある(1TB、2TB)。でも、ハイブリッドとして売りのSSDの部分が容量8GBでは、映像制作をする上では少なすぎ。SSD部分によく使うファイルのキャッシュ的な場所として使われるようだけど小さいファイルを頻繁にやり取りする分には速さの恩恵を受けれそうだけど、ProRes素材となると…今度はSSDとHDDのやりとりで問題が起きないかと心配に。もちろん、そこのやり取りがボトルネックになるようじゃ意味が無いので、大丈夫だろうと思いつつも・・・少し心配。でも、速そう。

3. 3.5 SATA HDD + 3.5インチ外付けケース
一番普通の選択。コストパフォーマンスは大きい。ただし、HDDの速度は一番遅いので、ProRes素材を回せるのかは心配。最初からHDD組み込まれているのは、どこのドライブが組み込まれているかわからないため、基本無し。記載されていればOK。

でした。構成2を第一候補に秋葉原へ。ケースは、秋葉館で林檎派 MacbethCombo2 eSATA/FW800/USB3.0 ハードディスクケース [RGH35MC2a]に決めていました。これにSegate Desktop SSHD 2TBを選ぶと、2万オーバー。なんだか財布の痛い話です。でも、無理もありません。FireWireの外付けケースは高いのです。でも、USB2.0では違います。秋葉館では最初から内臓されているストレージも売っています。こちらの方が圧倒的に安い…。中身のHDDが何かを聞いてみると、Seagate Barracuda 2TB ST2000DM001だそうです。ST2000DX001だとSSHDだったので、残念。一応SSHDモデルがあるかを聞いてみると、速度がFireWire 800の頭打ちだから、あまり意味はないと。載せる予定もないとの事。そうなのかぁ、HDDがボトルネックじゃなくて、もうチップの処理とかが限界なのかな。FireWire 800は800Mbps。つまり100MB/sです。秋葉館のサイトには80MB/s強の結果が出ています。まぁ、そう考えると確かに頭打ちなのかもしれません。

ところでProResのレートは大丈夫なのか?
という問題があると思うので、1080HD、29.97fpsのProResのレートは、
ProRes 4444 46.40MB/s
ProRes 422(HQ) 30.93MB/s
ProRes 422 20.62MB/s
ProRes 422(LT) 14.33MB/s
ProRes 422(Proxy) 6.39MB/s
となっています。60Pだと、2倍強になると考えて下さい。
もう少し補足
非圧縮HD(10bit YUV) 165.72MB/s
XAVC-HD 12.5MB/s
となっています。
常用するのはProRes 422(HQ)です。データレートだけが要因にはなりませんが、根本的な問題はクリアしていると考えました。

結果、購入したのはこちら。
FireWire 800 Storage

FireWire 800 Storage

構成3の組み合わせで秋葉館で組み込んでいる林檎派 MacbethCombo2 2TB eSATA/FW800/USB3.0 ハードディスク [RGH35MC2a-20001] にしました。HDDもSeagateのが内蔵されていると聞いていたので、安心して。結局、コストパフォーマンスを優先した形です。

早速接続して、ProRes素材をコピーして再生したら、問題なく再生してくれました。一安心。念のためスピードをチェックしてみましょう。Blackmagic Disk Speed Testを使います。App Storeから無料で落とせます。

で、計測した結果は以下。
DiskSpeedTest

77MB/s程。秋葉館サイトの結果ほどではありませんが、まぁ、大丈夫でしょう。SSHDだったら、もう少し伸びたのかなと気にはなりますが。
参考のためにiMacの内蔵HDD(Hitachi HDT721064SLA360)を。
DiskSpeedTest

でした。
FireWire 800頑張ってくれていますね。
FCPXからも問題なく無事使えただけでなく、特にコマ落ちすることなく再生出来編集作業も良好でした。言ってもProRes 422(HQ)は綺麗ですが、重さも気になります。非圧縮に比べれば軽いけど、でも重い事に変わりません。だからと言って素材のクオリティは犠牲に出来ないので(色をいじる事を考えると犠牲にしたくありません)、自分のiMacが出来る限界の中で動いてくれたので安心しました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中