その名はShake -Advanced digital compositing-

shakeShakeというソフトウェアがAppleから消えて久しいですが、その存在が最後に確認されたのが2009年7月の終わりでした。Shakeはノードベースのコンポジットソフトウェアで、Nothing Real社が作ったソフトを買収する形でAppleのラインナップに加わったソフトウェアでした。当時は、まだMac(PCも)を使った映像制作、ノンリニア編集という世界はまだまだ今ほどこなれていない中で、Appleも積極的に映画・ビデオ業界に表立って関与していた時代だった(現在関与は続けているけど、目立たない形で動いている)。
33万円していたソフトもShake4.1で62,000円に突然値下がり、しばらくして開発終了のアナウンスが流れました。かなりショックでしたが、次の世代のコンポジットソフトウェアを開発する(噂にはコード名Phenomenonと呼ばれていたとか)という話に胸をときめかせて待っていましたが、その姿はその後も見ることがなく…。

そんなShakeの開発時のメモがFlickrに公開されていました。なんとびっくり。メモの日付は1998年。まだAppleに買収される前の話の時のです。初期のGUI実装のメモのようです。貴重な資料が公開されているのは嬉しいですね。そしてこの資料を公開している方Ron Brinkmannさんのブログもありました。Shakeを開発された人ですね、Apertureにも少し関与されたようで。

Shakeはまだまだ使用に耐えるソフトだと思います。我が家ではMavericks上でもしっかり動いてくれています。
表舞台から消えて4年が過ぎますが、その設計思想は未だ褪せることがありません。

ShakeDesignScans_2009_05_10_184910ShakeDesignScans_2009_05_10_184923ShakeDesignScans_2009_05_10_184935ShakeDesignScans_2009_05_10_184947ShakeDesignScans_2009_05_10_185002ShakeDesignScans_2009_05_10_185019
ShakeDesignScans_2009_05_10_185035ShakeDesignScans_2009_05_10_185113ShakeDesignScans_2009_05_10_185135ShakeDesignScans_2009_05_10_185151ShakeDesignScans_2009_05_10_185209ShakeDesignScans_2009_05_10_185245
ShakeDesignScans_2009_05_10_185328ShakeDesignScans_2009_05_10_185357ShakeDesignScans_2009_05_10_185425ShakeDesignScans_2009_05_10_185442ShakeDesignScans_2009_05_10_185503ShakeDesignScans_2009_05_10_185523
ShakeDesignScans_2009_05_10_185541ShakeDesignScans_2009_05_10_185605ShakeDesignScans_2009_05_10_185619ShakeDesignScans_2009_05_10_185635ShakeDesignScans_2009_05_10_185655ShakeDesignScans_2009_05_10_185709

Shake Design Scans, a set by ronbrinkmann on Flickr.

Via Flickr:
Original design sketches for Shake, circa 1998

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中