iOSでProResは再生出来るか?

prores-ios結論から言えば、出来ない。最近AV Foundation周りを少し触っていて、AV Foundationをよく見ていると基本はH.264をベースに考えている事が非常に浮き上がっていて、QuickTime Xがレガシーフォーマットを捨てた理由もわからなくもありません。iOSのカメラで撮れるフォーマットがH.264で、それをベースに考えると出来るだけコーデックという考え方を排除して使う人に気にさせないようにしたい…その答えがレガシーフォーマットとの決別であり、iOSを中心としてH.264に注力した事なのでしょう。

そんな中、AV Foundation周りで書き出し機能を見ているとProResのオプションが用意されている。とはいえ、用意しているのはOS X用として用意しているのでiOSとは直接関係ない。

でも、もしかして最近になって再生出来るようになったのでは?と思いクラウド越しにファイルを開いてみたけどダメでした。
音付きで渡したのですが、音は再生されるのですが、絵が表示されません。ProResコーデックの影響は絵に対してのみ行われるから、オーディオの部分はiOSでも解釈出来るリニアPCMなので再生されるのでしょう。
iOSのiMovieに持っていったら開けるかな?と、期待したのですが、残念ながらダメでした。OS XのiMovie(10.0.3)はProRes開く事が出来るので期待したのですが…。

まぁ、ProResなんて重い素材をiOSで扱う必要ってあるの?って聞かれるとそれまで…となってしまうのですが、それはそれでと思い…。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中