WWDC2014が終わって

8andYosemiteさてさてWWDC2014が終わりましたね。
日本からはどれくらいの参加者がいたのでしょうか?

今年のWWDCはOS X YosemiteiOS 8でしたね。新しいプロダクトが無い事にがっかりという声が一部で出ている様ですが、WWDCは元々開発者会議であり、プロダクトを発表する場ではないんですね。もちろん過去には沢山プロダクトも発表されてきましたが、あくまでも主役はソフトウェアの開発です。そういう点では今年のWWDC 2014は、ベースであるOSにしっかり軸足を起き、Swiftという新しい言語を発表して、様々なフレームワークを発表してとまさに足下、これから先への地盤を固めるためのWWDCだったように感じます。

OS X Yosemiteは大きくUI周りのデザインに変更をかけてきていますね。
一段と洗練されて、iOSのUIに近づけるのではなく、ちゃんとエッセンスを昇華させている用に見えました。その上でiCloudを通じて、OS XとiOSが交わるそういう仕組みの整理が始まりだしたように感じました。

Swiftは、ARM、intel両対応していることから、噂されるARM版Macに向けての環境整備のための第一歩なのかもしれません。
実際そうなのかどうかは、時が証明してくれると思いますが…。

リリースはそれぞれ秋。新しいiPhoneのタイミングも秋と言う事でしょう。
初秋?晩秋?例年通りなら初秋だけどどうなのかな??なんて気になります。

でも、今はこれからくるOSの持つ可能性に期待しながら、これから少しずつ見えてくるであろう機能を楽しみにリリースされるのを待ちたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中