ProRes 4444 XQはFCPX、Motion、Compressorのみ?

先日のアップデートで搭載されたProRes 4444 XQ
今までのQuickTimeに準拠したコーデックの作りであれば、それまでのProRes同様他のアプリからも書き出せるはずと思っていたら、どうやらそうでもなさそう…。ProRes 4444 XQに合わせる形でアップデートされたFinal Cut Pro X 10.1.2、Motion 5.1.1、Compressor 4.1.2からしか書き出せなさそうです。今や古い時代につくられたShakeも当然ダメ。

4444 XQに合わせてリリースされたProRes Codecは、”/System/Library/Video/Plug-ins/AppleProresCodec.bundle”にインストールされちゃんとバージョンも1.0.5となっているんだけど、おそらくコレを旧QuickTime APIであるQTKitを使用してQuickTimeを扱っていたアプリは読めないのではないか?と考えられる。そうじゃないかもしれないけど…。QTKitは過去のものとなりAV Foundationへの移行をAppleは押し進めているけど、このAppleProresCodec.bundleがAV Foundationから読み込む時に機能するのではないかと考えられるけど、そうじゃないかな?何かAppleとライセンス契約をして使えるようになるとかかな?それこそアプリ内に閉じ込めちゃっている可能性もある訳で…。

chek_the_prores4444xq

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中