ISO1600とXQ1

Sumida-ku Tokyo, Japan

一眼レフじゃなくてコンパクトタイプにこだわってきたのは何度か書きましたが、ちょっと前に富士フィルムのNATURA CLASSICA + NATURA 1600フィルムの組み合わせがいい事を知って、Flickrとかで写真を見たり、色々なブログをぐるぐる回っていました。色々見ると味わいのあるいい絵が多くて、これコンパクトカメラなの?と言いたくなる。もちろん、一眼レフとかと写りは違う訳だけど、コンパクトカメラといえども、35mmの受光面積は、同じコンパクトでもコンデジとは全然違う訳でそういう意味では、デジタルカメラになった事で、捨てたものってあるなぁーと実感していました(別にコンデジが悪いという訳ではないのですが。逆に違うものを得た訳でもあるので)。

Sumida-ku Tokyo, Japan

そんな中、NATURA 1600フィルムを意識してXQ1でもISO 1600にして撮ってみようと思った次第です。
パラメータ周りも少しいじって以下のようにしてみました。
・ISO 1600
・f5.6
・シャッタースピード 1/1000〜1/1600
・カラー +2
・シャープネス -2
・ハイライトトーン +1
・シャドウトーン 0
・ノイズリダクション -1
・ホワイトバランス AUTO (WBシフト R:-3 B:-2)
・DR 400
・フィルムシミュレーション STD
という組み合わせで撮ってみました。

Sumida-ku Tokyo, Japan

当たり前ですが、フィルムではないので、NATURA CLASSICA + NATURA 1600の様な粒状間ある絵にはなりません。ちょっと明るく飛んでややエアリーな感じの絵になりました。嫌いじゃないですが、少しディテールが甘くなったかな。まぁ、もっと絞ればシャープさは出たと思うけど、それだと少し意味が無いしなぁ・・・と。そういう意味では嫌いではないけど、もうちょっとシャドウ部分に色をのせる事が出来たらなぁと思いました。

Sumida-ku Tokyo, Japan

でも、色を作っていく感じがまた面白くもあり、フィルムを選んでいる様でもあり、それをサクっと撮れるコンデジはやっぱ自分に合うなぁと感じる次第です、ハイ。

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

Sumida-ku Tokyo, Japan

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中