OS X Yosemite インストールとDVDインストールディスク

OS X Yosemite install

product_osx_mavericksOS X El Capitanのインストールメディア作成はこちらをご覧ください。>>

先日の10/16(日本時間17日am2:00)からのApple Special Eventを得てリリースされたOS X Yosemite。OS Xとしては11個目のメジャーリリースです。もはやOSは買うものであり、インストールメディア(Flopy / CD / DVD / USB)が存在していた事を忘れる様な気がしてきますが(Macの世界においてはですが)、今回のYosemiteもApp Storeからのみの無料で入手となります。OS X Yosemite対応マシンは以下になっています。

・iMac(Mid 2007以降)
・MacBook(Late 2008アルミニウム製、またはEarly 2009以降)
・MacBook Pro(Mid/Late 2007以降)
・MacBook Air(Late 2008以降)
・Mac mini(Early 2009以降)
・Mac Pro(Early 2008以降)
・Xserve(Early 2009)

嬉しいですね。まだ、Xserveが動作対象リストに入っています。最後のXserveがリリースされてから5年(販売終了からは3年半程)が経つのに…。

毎回、新しいOSが出る度にマシンのメンテナンスも兼ねて、クリーンインストールをするようにしており、その都度インストールディスクをなんとか作成してきました。
createinstallmediaコマンドを使えば、USBメモリ等を使ってインストールメディアを作る方法もあります。Mavericksの時と同じですが、Apple Suuport Pageにも詳細出ており、以下のコマンドをターミナルで打ちます。

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/MyVolume –applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Mavericks.app
(USBメモリのボリューム名をMyVolumeとしています)

あえて、DVDを使ったインストールディスクを作成する方がコスト的に安い事もあり毎回DVDインストールディスクを作成しています。
今回もMavericks同様メディア作成を行ったので、その手順を紹介します。

A. OS X Yosemiteのインストールディスクの作成
1. Mac App StoreでYosemiteのダウンロード
なにはともあれ、これが無いと始まりません。ダウンロードのみで先には進めないでください。ダウンロードしたファイルは、アプリケーションフォルダ内に「OS X Yosemite インストール」というアプリケーションが出来ていると思います。

2. 隠しファイルを操作する必要があるため、コマンドプロンプトで
$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

を入力します。

3. OS X Yosemite インストール.appで右クリックして “パッケージの内容を表示” をクリックします。

4. Contents > SharedSupport > InstallESD.dmg をダブルクリックしてマウントします。

5. 隠しファイルとなっていた(薄く表示されているはず)BaseSystem.dmg を右クリックしてディスクユーティリティで開きます。

6. ディスクユーティリティでBaseSystem.dmgを選んで”ディスク作成”でDVDに焼きます。

7. OS X Base Systemというインストールディスクが出来ます(容量1.25GB程)。

2. OS X Yosemiteのインストール
8. システム環境設定 > 起動ディスクでOS X Base Systemを選んで再起動。少し時間がかかりますがインストールディスクからマシンが立ち上がります。

9. 自宅のネットワーク内を固定IPで運用している場合は以下を実行。そうでなければ 10 へ。
9-1. ユーティリティ > ターミナルを起動。9-2, 9-3を入力し実行します。
9-2. # networksetup -setmanual “ネットワーク名(Ethernetなど適当でよい)” IPアドレス ネットマスク ルーター
9-3. # networksetup -setdnsservers “上記でつけたネットワーク名” dnsサーバアドレス

10. ディスクユーティリティでHDDをフォーマットします。

11. 終わったらディスクユーティリティを終了し、”OS X を再インストール” を選んでインストールを進めます。

12. App StoreのID入力画面が出るので入力しないと先に進めれません。

13. 入力後追加コンポーネントがダウンロードされます。

14. ダウンロードが終わるとインストールが勝手に進みます。

15. インストール完了後、OS Xをセットアップします。

以上でOS X Yosemiteのインストールディスク作成とそこからのインストールは完了です。後は、iCloudの設定をし直して、Safariのブックマークを戻したり、必要なアプリを再インストールしたり(App Storeからのダウンロードだったり)となります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中