iMac Retina 5KとFCPXとHDの表示領域がハンパない

HD full size view in FCPX on iMac Retina 5K

その表示能力に目が行くiMac Retina 5Kですが、つい4K/5Kに目が行きがちですが、スタンダードなHD(このiMacにおいては何がスタンダードなのかわかりにくくなるくらい解像度がデカいですが)とのサイズ比がとんでもない事に気がつきました。それを実感するのが、Final Cut Pro Xでの作業です。MacBookPro Retinaや、iMacでは画面の解像度が大きいとはいえ、HDの作業をするには、ある程度縮小表示するしかありませんでした。ですが、iMac Retina 5Kであれば、HDを100%フルサイズ表示しても、タイムラインやライブラリ、パラメータ等の表示領域に全然余裕がある事がわかります。上記写真がその状態で、HDを100%表示してもこんなに余裕があります。

単純なサイズ比がどれくらいかを示したのが下記の図です。

iMac_5k_HD

なんだかんだ言ってまだまだ、HDが世間的にもスタンダードなサイズです。常にHDフルサイズを表示しながら編集作業ができることを考えたら、このiMac Retina 5Kの作業レスポンスは半端ないのでは無いでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中