Final Cut Pro X 10.1.4

FCPXMXF昨夜Final Cut Pro X 10.1.4がリリースされました。今回は地味といえば地味ですが、一部のプロ用ユーザにとっては大きなアップデートが施されています。アップデート内容は下記の通りです。

• プロビデオフォーマット 2.0 ソフトウェア・アップデートにより、MXF をネイティブで読み込み、編集、および書き出し可能に
• AVC-Intra の MXF ファイルの書き出しオプション
• Panasonic の AVC-LongG メディアの読み込みおよび編集をサポート
• 自動ライブラリバックアップの問題を修正
• Canon 製および Sanyo 製カメラの一部のフレームレートのクリップを正しく読み込めない問題を修正
• App Nap が有効になっているときに長時間の読み込みが中断する問題を修正
• 手ぶれ補正およびローリングシャッターの軽減が 240 fps のビデオで正しく動作

となっています。
プロビデオフォーマット2.0
によるMXF対応が大きなポイントですね。以下の内容がサポートされています。

• Native import, edit, and share of MXF files with Final Cut Pro X and Motion
• MXF share presets for Compressor
• MXF OP1a export

MXFは、放送業界を中心に浸透しだしているフォーマットなので、なかなかコンシューマでは見かけることが少ないフォーマットですが、FCPXがFCP7の時のように、広がっていくことを考えたら今回のMXFネイティブ対応は外せない項目と言えるでしょう。

FCPXでMXFをどう使うか?はこちらにドキュメントが出ています。
How to use Pro Video Formats 2.0 and MXF with Final Cut Pro X, Motion, and Compressor
残念ながらまだ英語のドキュメントしか出ていません。

ひとまずFCPXアップデートさせて、どういう風にMXFが扱えるようになったのか見てみたいという方は、MXFサンプルファイルが落とせるサイトがあるので、そちらから拝借して実験してみましょう。
OPENCUBE TECHNOLOGIES
HAMBURUG PRO MEDIA
CINEMARTIN

ありがたいですね、サンプルファイル。感謝!

なんだかんだで、しっかりFCPXは、プロ向けにも進化し続けていることが今回あらためてはっきりしました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中