Final Cut Pro X 10.2.2 / Motion 5.2.2 / Compressor 4.2.1 / Pro Video Formata 2.0.2

FCPX10_2_2
相変わらず特に前触れもなく突然アップデートが出てきましたが、間も無く開催されるIBCを意識してのこのタイミングでのアップデートだったのではないかと思われます。
今回のアップデート内容は以下の通りです。

Final Cut Pro X 10.2.2

・最大4Kの解像度に対応したSony XAVC-L、Panasonic AVC-Intra 4:4:4のネイティブサポート
・Canon プラグインを使って Canon XF-AVC 8-bit ビデオファイルの読み込み
・インターレース H.264ファイルの書き出し
・アセットシステムはFinal Cut Proでライブラリのバックアップをする事が出来るようになった
・3Dテキスト付き反射素材を使用するときに発生するレンダリングエラーを解決
・3Dテキスト上の素材を公開されたパラメータと交換するときの安定性を向上
・テキストスタイルを読み込むときのパフォーマンスを向上
・テキスト・レイアウト・パラメータが公開されたMotionタイトルテンプレートを正しく書き出すことが可能に
・レンダリング時に3Dテキストが暗くなる問題を解決
・アニメーションエフェクトのタイミングが変わってしまう問題を修正

Motion 5.2.2

・3Dテキスト付き反射素材を使用するときに発生するレンダリングエラーを解決
・3Dテキスト上の素材を公開されたパラメータと交換するときの安定性を向上
・テキストスタイルを読み込むときのパフォーマンスを向上
・テキスト・レイアウト・パラメータが公開されたMotionタイトルテンプレートを正しく書き出すことが可能に
・レンダリング時に3Dテキストが暗くなる問題を解決

Compressor 4.2.1

・ユーザアカウントを別のシステムに移行した後に発生するクラッシュを解決
・H.264書き出しでIフレーム配置用マーカーを使用する機能の復活
・インターレースH.264ファイルの書き出し
・クローズドキャプション/字幕とオーディオ/ビデオの同期を改善

新しいフォーマットへの対応とバグフィックスが中心のアップデートでした。
特に日本語でのマニュアルによるフォローは今の所無いようです。
ヘルプからのマニュアルにも表示がありません。
ヘルプ > Final Cut Pro Xの新機能 からは、新機能の紹介が出てきます (が、App Storeに表示されている内容よりMotionに絡む部分が抜けている。また、MotionとCompressorに至っては、ヘルプから表示できる新機能は、前のバージョンのままである)。

Pro Video Formata 2.0.2についても、具体的なアップデート内容が2.0.1の時の表記と変わらず、わからない。が、FCPX10.2.2のアップデート内容から察すると、Sony XAVC-L、Panasonic AVC-Intra 4:4:4に対するアップデートがPro Video Formata 2.0.2に盛り込まれているのでは無いか?と推測される。

余談ですが、App Storeに出ているアップデート内容が、スペイン語だかフランス語だかなんだかで表示されているのはどうにかならないんでしょうか? 笑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中