Apple Payが使えないアメックスも活かせる最強SoftBankカード

iphone7_card
予想通り10月25日にiOS10.1のリリースとApple Payの開始されました。色々な気持ちで初日を迎えた人が多かったと思います。僕自身は、クレジットカード払いでサインを求められる手間などから早くApple Payが始まる事をずっと待っていました。そして、デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードを使ってひたすらマイルをコツコツ貯める日々だったわけですが、これがApple Paynいよって幾分か手間が楽になるかもと期待していました。9月のiPhone 7のイベント以来Apple Payのアナウンスの中にアメックスもありましたが、色々調べていくと、どうもアメックスにとっては制約だらけの予感でした。中でもSuicaは、かなり絶望的状況でした。ただ、アメックスからはApple Payへのアナウンスが出ていなかったので、当日の発表に期待大としていました。

applepay_card

そして迎えた10月25日。普段より気持ち早起きしてiOS10.1へアップグレード。そして、遂にApple Payを登録すべくカードを用意しWallet立ち上げてアメックスをかざすと…対応していないのメッセージ。え?何?ナニ?と慌てると、Twitterでも、登録出来ないの報告が。そしてApple Payのページにあったはずのアメックスのマークは消えていました…。

途方に暮れました。焦りました。どうしたものかと。
Suicaも登録しようとしたら弾かれるし…。
踏んだり蹴ったりな中色々一旦諦めて出社し、うなだれる事数日。

遂に抜け道(と言う表現は良く無いですね)、裏ワザ(これだとかっこいい表現でしょうか)を発見しました!

ただし、この抜け道はSoftbankユーザーによる方法です。

SoftBankが発行している年会費無料のSoftBankカード。これがApple Payに対応しています。VISAのカードとTカードが合体したカードです。VISAなのでクレジットカードのように見えますが、これプリペイド型のカードなんです(クレジット機能も付与できますが、今回は選びません)。
プリペイド型のカードとは、そのカードにチャージした分だけ支払いで使う事が出来るカードです。そして、チャージ方法がいくつかあるのですが、その中に毎月の携帯電話の支払いと一緒に払う「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」があります。
つまり、このSoftBankカードにお金をチャージしますが、チャージした金額は携帯電話と一緒に支払います、という事なんです。もう、ピンと来た方いるんじゃないでしょうか。つまり、携帯と一緒に支払うという事は、携帯電話の支払いをクレジットカード払いにしていれば、SoftBankカードで使った分も含めてアメックスのカードから引き落とされるのです!(VISAの分をアメックスで払うという変な感じがしますが)。
しかも、このチャージ金額ですが、一ヶ月最大10万円までチャージ出来ます(20歳以上)。月10万円もあればApple Payを使って払いたい量はまかなえますよね(チャージは500円からなので、必要分を考えながらチャージ可能です)。

携帯代と一緒に使った分を払うので、実はマイル付与の点でもメリットがあります。クレジットカードで支払いしてた時は、カード利用の度にマイルが加算されてたので、単数を諦めるしかありませんでした。これが、まとめ払いになる事で端数を加算した合計に対してマイルが付与される(カードの引き落とし時がカード利用の時になるので)ので、より多くのマイルを獲得出来ます。
つまり、150円の商品をクレジットカードで二回買っても、2マイルしかつきません。
しかし、まとめて払いだと300円計算になるので3マイルつきます。これが一ヶ月に積もっていくと、かなりのマイルを取りこぼしていた事になります。まとめ払いのメリットが伝わったでしょうか。

そして、SoftBank カードにはTカードもついているので、チャージすると常にTポイントが付与されます。ミニストップなどTポイント提携先でiDで払うとソフトバンクユーザ限定で通常の5倍ポイントが付きます。他にも色々キャンペーンなどをやっているので、Tポイントを貯めるケースは場合によって増えそうです。
このTポイントですが、色々使い道があります。普通に提携先のお店で使うだけでなく、ANAのマイルに移行させたり、次のiPhoneを買うときに携帯代として使ったり、はたまた複数の変換をしてデルタ スカイマイルに移行させる方法もあります。
つまり、カードにチャージした分は、アメックスからSoftBankカード利用分と携帯代をまとめて払うので、スカイマイルがより多く付与されます。さらに、SoftBankカードにチャージした分は、Tポイントになるので、それも有効活用することが出来る二重に美味しい効果を得る事が出来ます。

 
さて、これだけいい事づくしで書いていますが、もう一個いい事が残っています。
 

Suicaです。
Suicaにお金をチャージ出来るのは、アメックスでもできますし、他カードでも対応していると思います。ですが、これらのカードでチャージしてもマイルは付与されません。多くのカード会社のポイントシステムでも同様かと思います。唯一VIEW系のカードだけが、ポイント付与を受ける仕組みになっているのは、多くの方がご存知かと思います。この、SuicaのチャージにもSoftBankカードを使えるのです。SuicaからみるとVISAのカードとして登録され、Apple Payを経由したチャージにはなりません。なので、Apple Payが対応しているかどうかということではなく、VISAカードとしてSuicaにチャージ出来るのです。気が早い人はもうお気づきでしょうか。このSoftBankカードからSuicaにチャージする分では、なにもポイント付与は起きません。ですが、Suicaで使いたいお金をSoftBankカードからチャージするためには、SoftBankカードに「ソフトバンクまとめて払い」でチャージするので、そのSuicaで使うお金をSoftBankカードにチャージするときにTポイントが発生して、さらに携帯代と払う時にマイルが付与される…。複雑ですがご理解頂けたでしょうか?ちょっと、遠回りする流れですが、この方法によってSuicaで使う分も結果的に取りこぼすことなくマイルを、さらにTポイントまでもらうことができるのです。さらに、Suicaには、Suicaポイントクラブという、ポイントシステムが存在しています。ポイントが貯まるお店は決して多く無いですが、JRを中心とした駅のコンビニ、駅ビルではポイントを貯めることができるので、それをSuicaのチャージ代に使ったりTポイント等へ移行させたりすることができます。

ややこしいですね。図にまとめてみました。

applepay_softbank_card_map

他にもメリットっとはあります。
Apple Payが使えなくて、アメックスが使えない店(そう、アメックスNGは時々あるんです)でも、SoftBankカードにチャージさえしてあればVISAのカードとして払う事が出来るのです。なので、その分も結果的にはアメックスで払うのでマイルが入ってくる、という恐ろしい運用が出来ます。

光熱費系は、おまかせチャージというVISAのクレジットに入らないと払えないので、それらは普通にアメックスから引き落としにしてます。食費、雑費、交通費をSoftBankカード経由で、時にはSuicaも駆使する事でマイルはしっかりもらう事が出来ます。更に上限の10万になってしまったら、普通にアメックスのカードで払えばいいのです。後はさじ加減を上手くやれば(飲みの時は、アメックスのクレジットで払っちゃうなど)、かなりのロスを減らして上手くマイルを貯める事が出来るでしょう。

SoftBankカードへのチャージは、200円で1Tポイントなのでチャージは1000円単位でするのがオススメです(500円だと100円分損をする)。

かなり複雑なルートを辿ることになりますが、マイルをはじめポイントなどカード会社のサービスはできる限り利用して、そこで得たポイントを最大限使いたいですよね。ぼくも、スカイマイルを少しでも多く集めて、飛行機につなげたいので、払った分は出来れば、マイルへ還元させたいという思いがありました。
これはあくまSoftBankユーザーをベースとした一例ですが、他キャリアでも、携帯代とまとめて払うことが出来るチャージ式のカードで上限がそこそこあれば、この方法は応用出来るんじゃないかと思われます。また、最終段で使っているカードもアメックスじゃなくて、普段ご利用のカードに置き換える応用も出来ると思います。楽しく、便利に効率もあげてマイルが貯めれるようになるので、買い物後の楽しみがさらに増えますね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中